ウェディングパーティーや披露宴の際に新郎新婦のプロフィールVTRを公開することがあります。今は自宅のパソコンでも簡単に作ることができますが、自作をするとかなり時間もかかりますし、挙式披露宴の準備というのはかなり大変ですし、時間もかかります。やらなければいけないことがたくさんあるので、専門業者に委託をしてしまったほうが良い場合があります。最近ではかなりリーズナブルな価格で制作をしてくれますし、満足できる仕上がりのものを作ってくれます。細かい調整などもオンラインで行うことができるので、挙式披露宴の際の準備もスムーズに行うことができます。作成をする際にはある程度時間の余裕を持って行うと良いです。ウェディングシーズンになると作成業務が込み合うことがあり、間に合わなくなる可能性もあるので、余裕を持って発注をするとよいです。

ウェディングの際のプロフィールムービー

私たち夫婦は、結婚式の際、プロフィールムービーを流してもらいました。これまでのことを振り返りながら、両親や友人に感謝を伝えたいことと、お互いのことをゲストにより知ってもらいたいという気持ちをウェディングプランナーの方に伝えた際、提案していただきました。幼少期、青年期の写真を、新郎新婦がそれぞれ数枚ずつ選んで持参し、それぞれの写真にエピソードを書いておきます。あとは映像業者の方が曲に合わせてプロフィールムービーを作ってくれました。曲は想い出深いものなど自分たちで選べました。ウェディングに特化した業者で、背景などもあたたかいキラキラしたものが多く、過去の何気ないワンシーンも、すごく感動的になったと感じたのを覚えています。これから結婚式を控え、何をしようか悩んでいる方にも、ぜひプロフィールムービーはおすすめですよ。

ウェディングで使用するプロフィール

結婚をする二人にとって、最初にある大きなイベントといえば結婚式ですね。最近は、結婚式を行わず、入籍を済ませるカップルも多いです。親が子供の晴れ姿を見たい気持ちを察して、家族の為にも結婚式を行うという場合もあります。披露宴では、二人のプロフィールから出会いをまとめた映像が流れたりしますね。会社や親族に、出会いを伝えるのはなんだか照れる気がしますが、その日ばかりは主役の二人の事なので、皆温かい気持ちで見守ってくれるでしょう。プロフィールがあると新郎新婦の過ごしてきた時間が伝わってきて、親近感が増しますね。ウェディングならではのひと時です。席次表にも、子供の頃の写真とともに、それぞれのプロフィールが載っていたりするので、席次表を見るのも式や披露宴に参加した際には楽しみにしている事の一つです。幸せな二人の雰囲気が伝わってきますね。

当社の強みは簡単に映像制作を準備できるところであり、納品前にパソコンから動画を確認することもできます。 一生で一番大切な日に心に残る感動を、制作から納品まですべて女性スタッフが行います、これが当社からお客様へのメッセージです。 サービス概要は演出動画の制作であり、結婚式のなどの場面で使用するプロモーション動画制作を行っています。 結婚式でプロフィールを紹介するウェディングビデオ